HOME > むち打ち(鞭打ち)とは?
当院は交通事故の治療に 自信を持って積極的に行っています! 当院では交通事故によるむち打ち治療に、手技を中心に最後まで治療を行っております!交通事故の症状を甘く見ないで! 交通事故に遭ったらまずご相談にお越しください!

むち打ち(鞭打ち)とは?

むち打ちとは?

むち打ちとは?のイメージ

交通事故の症状で多くみられるむち打ち症。
これは、自動車に乗っていて後ろから追突された時などに、頭がムチのように振り回されてしまい、頸椎を痛めてしまう症状です。
頸椎は体の中で非常に重要な部分である為、この頸椎を痛めてしまうことによって手足のしびれ、肩の痛み、腰の痛みが出てきます。
むち打ち症は病院で精密検査を行っても、はっきりと確認することができない事が多々あり。
整形外科での治療も機器を使った治療が中心となってしまい、なかなか改善に向かわない事があります。
その場合は、早い段階での転院をおすすめします。むち打ち症は早期に適切な治療を行わなければ、後遺症が残ってしまう事があります。
当院では、機器による治療をメインとしているのではなく、手技療法を中心に治療を行っておりますので、患者様の個々の症状に合わせた治療を行う事ができます。
現在の治療に疑問を感じている患者様は、ぜひ一度当院にご相談にお越しください。

事故直後に留意する事

事故直後に留意する事のイメージ

事故直後は興奮状態の為、症状に気付けない事が多々あります。事故直後は、痛みなどの症状がなかったとしても、必ずすぐに医師に診てもらうことです。
事故当日症状がなかったとしても、後から首痛、肩痛、腰痛などの症状が現れることがあります。
一見、軽い事故に見えても、後で体に痛みなどの症状が出てきたという事は良くあることです。
特に鞭打ち症は、事故当日は痛みがなくても、数日経ってから痛みが現れることがよくあります。
しかし、医療機関での検査を受けずにいると、後から出てきた症状と交通事故との関係性を証明するのが困難なってしまいます。また、警察に診断書の提出もしなければ、人身事故扱いにならず、本来受け取れる権利が受け取れなくなってしまうケースがあります。
実は、事故後しばらくたってから痛みが出てきて病院に駆け込む方も多いのですが、示談後はどこからもお金はおりませんし、示談後の交通事故による怪我には原則、健康保険は使用できません。
したがって、交通事故に遭ってしまった場合は専門家に相談をし、適切な手続きを取り納得いくまで治療を受けることをお勧めいたします。

患者様のお声
事故発生後の手続きや保険会社とのやり取り等なんでもお気軽にお問い合わせください。 不安や疑問の解決に全力を尽くします!